【画像】松坂慶子の若い頃はセクシーで魅力的!両親との関係や現在は?

当ページのリンクには広告が含まれています。

映画・ドラマ・CMなど、70歳を超えても精力的な芸能活動を続けている松坂慶子さん。

年相応な役柄を上手く表現し、若い世代の映画・ドラマにもひっぱり凧です。

今回はそんな松坂慶子さんの若い頃を振り返り、現在の活躍に至るまでの変遷をお届けいたします!

スポンサーリンク
目次

【画像】松坂慶子の若い頃はセクシーで魅力的!

10代(1967年~1971年)

引用元URL:上:X、下:X

上の画像は、中学2年で劇団ひまわりに入団し、翌1967年に「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」でデビューした時のものです。まだあどけなさが残っていますよね。

下の画像は、翌1968年「ウルトラセブン」に出演した時のものです。ミクロ怪獣ダリ―に寄生された少女役での登場でした。

引用元URL:上:X、下:X

上の画像は、TBS「おくさまは18歳」に出演したときのものです。グラマラスな雰囲気があり大人びていますよね。

その後もTBS「なんたって18歳!」にも出演しました。

1971年19歳の時、映画「夜の診察室」で、映画初主演を務めた時のものです。セクシーな雰囲気を醸し出しています

ギモンくん

松坂慶子さんは高校に通いながら、出演していたのかな?

カイケツさん

日本大学第二高校に進学して、学業と両立で頑張っていたみたいね。ちなみに高校時代に大映にスカウトされて、所属していたみたいね。

20代(1972年~1981年)

引用元URL:上:grapee、下:スポニチ

上の画像は、1972年20歳の時のものです。大映の倒産により、松竹へ移籍し、その後NHK大河ドラマ「国盗り物語」で濃姫を好演していた頃です。全体的に透き通った、純なイメージですよね!

下の画像は1974年22歳の時のものです。松竹映画に多数出演し、知名度もあがり、人気を博してきました。キュっとした口元、美しい肌艶など、絶頂期と言って良い時期だったでしょう。

松坂慶子さん
松坂慶子さん
引用元URL:

上の画像は、1977年25歳の時の松坂慶子さんです。イキな感じで、カッコよさも感じる一枚ですよね。

下の画像は、1979年27歳の時に、TBS系ドラマ「水中花」に主演したときのものです。

バニガール姿が妖艶で、セクシーでもありますよね!

ギモンくん

松坂慶子さんは、たしか歌手活動もしていたよね?

カイケツさん

そうだね!ちょうど「水中花」のレコードを発売し、大ヒットしたのよ!
バニー姿のジャケシャで、歌番組(ベストテン)にもその恰好で出演したみたいよ!

30・40代(1982年~2001年)

松坂慶子さんの娘
引用元URL:上:スカパー、下:スポニチ

上の画像は1982年30歳の時、映画「蒲田行進曲」に出演したときのものです。やはり妖艶でセクシーな感じが醸し出ていますよね。本当に素敵ですね!

下の画像は、1991年39歳で結婚した松坂慶子さんですが、1992年に長女・百音(もね)さん、1994年に次女・麻莉彩(まりさ)さんを出産します。(画像は2008年のもの)

ギモンくん

松坂慶子さんは39歳で結婚だからこの時代としてはかなり遅い結婚だったのではないかな?

カイケツさん

そうだね!まだ女性は家庭を守るみたいな概念がまかり通っていた時代だからね。40代で出産だったから大変だったのではないかな?

50代以上(2002年以降)

松坂慶子さん
引用元URL:上:スポニチ、下:シネマトゥディ

上の画像は、2005年53歳の時、37年ぶりのボンカレーキャラクターの変更で、松坂慶子さんが引き継いだ時の物です。和装姿がお似合いですね!

下の画像は、2012年60歳還暦の時に、映画『牙狼』でワイヤーアクションにチャレンジしたときのものです。役者人生の初の出来事でした。

ギモンくん

松坂慶子さんは、これまで数々の賞を受賞していると思うけど、どんな賞をもらっているのかな?

カイケツさん

本当に沢山ありすぎるんだけど、2009年紫綬褒章受章、2024年、第47回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しているね!

 紫綬褒章とは
国や公共のために功労のあった方,社会の各分野において優れた行いのあった方などに対し,国としてその功績や業績を表彰するための「栄典制度」の一つで、「芸術上の発明・改良・創作などの業績がある人に授与されるもの」となっています。

松坂慶子さんが所属するモマオフィスはどんなとこ?

有限会社モマオフィス 東京都世田谷区経堂2-16-13

引用元URL:Yahoo!マップ

松坂慶子さんの所属するモマオフィスには、松坂慶子さんおひとりのみが所属しているようです。

スポンサーリンク

【画像】松坂慶子の両親との今までの関係や現在は?

松坂慶子の両親との関係

引用元URL:cleartone.jp

松坂さんといえばジャズギタリスト・高内春彦さんとの結婚から始まった’91年の“親子絶縁”騒動が日本中の注目を集めました。

二人が出会った頃、高内さんは、NYで活動していた無名のミュージシャンでした。既に人気女優だった松坂さんとは、知名度でも収入でも雲泥の差があったそうで、松坂さんの父・英明さんと母・つね子さんはこの格差婚に猛反対したのです。

当時、マスコミに対して英明さんは収入もないのに亭主面してゴロゴロしているだけ」「娘に寄生しているなどと猛批判を続けていたそうで、それが高内さんにべたぼれだった松坂さんとの溝を深めていったようです。

そして、松坂さんは夫とともにニューヨークへ渡り、長女と次女を出産し、7年間ニューヨーク生活を続けました。

ギモンくん

高内さんは、そんなに収入がなかったのかな?

カイケツさん

大学卒業後、’80年に渡米。ニューヨークで自己のバンド「HIKO BAND」で井上信平さんと共に活動し、’84年にアルバムデビューし、’92年には米国Capitol/ブルーノートのマンハッタンレーベルからアルバム『Galactic Age』をリリースし全米、全欧デビューを果しているから、成功している人だと思うんだけど・・・

松坂慶子の両親との現在は?

引用元URL:ORICONNEWS
引用元URL:TBSNEWSDIG

松坂慶子さんは、連続テレビ小説「らんまん」にて神木隆之介さん演じる槙野万太郎の祖母・タキを好演しました。

現在では、その縁で牧野植物園の理事にも就任したそうです。

どんな修羅場でも気丈に振る舞ってきたタキがついに病いに倒れ、最期を迎えるシーンの撮影には、スタッフも思わず涙ぐみました。タキが再登場した6月22日の視聴率は17.9%で今作の最高記録タイ。松坂さんの名演が大きな要因だと思います」(制作関係者)

引用元URL:女性自身

この役を演じていた時、松坂さんは自身の母親をタキと重ね合わせて演じていたようですね。

「松坂さんがタキのモデルとしたのは、亡き母親だったようですね。『母は私の結婚に反対したり、とにかく心配性でしたけど、笑うと憎めない人でした。それでいて生命力にあふれていて、揺るぎのない強さがあったから、タキとけっこう似ているかも……などと話していたそうです。タキが亡くなる場面は、自然とつね子さんの最期を思い出して、涙があふれたといいます」(制作関係者)

引用元URL:女性自身

実は、両親との関係はこの連続テレビ小説より少し前に変化していたそうです。

親子の確執に大きな変化が起きたのは帰国後の’06年のことで、父英明さんが病いで倒れ、寝たきりになりました。そして母つね子さんが高齢だったこともあり、松坂さんが自ら介護するようになったそうです。

また、父英明さんが亡くなった後に母つね子さんも認知症の症状が見られ、介護が必要になったそうですが、松坂さんは施設などには預けずにご自身で介護にあたったそうです。

日々、両親との溝を少しずつ埋めていったのでしょうね。

ギモンくん

少しでも和解できたならよかった!母親とは、今も一緒に暮らしているのかな?

カイケツさん

お母さんはもう亡くなっていて、最期は自宅で看取ったそうだよ。
松坂さんは親しい人に母は100歳目前まで生きることができ、大往生でしたと気丈に話していたんだって。

松坂慶子さんがデビューした1967年はこんな年だった!

引用元URL:NHKアーカイブス

松坂慶子さんがデビューした1967年は深夜放送の代名詞的存在である、ニッポン放送系のラジオ番組「オールナイトニッポン」が放送開始しましたね。

また、まだ流行語大賞は創設されておらず、この年の流行語は「対話」でした。

スポンサーリンク

松坂慶子のプロフィール・SNS

プロフィール

  • 名前:松坂慶子(まつざかけいこ)
  • 本名: 高内 慶子(たかうち けいこ)
  • 生年月日:1952年7月20日
  • 年齢:71歳(2024年3月現在)
  • 出身地:東京都大田区
  • 血液型:A型
  • 趣味:ちいかわ
  • 所属事務所:モマオフィス
  • 所属レーベル:日本コロムビア

SNS

ギモンくん

松坂さんはちいかわが好きなんだね!どのキャラクターが好きなのかな?

カイケツさん

松坂さんは、ウサギのキャラクターが好きみたいだよ!
「らんまん」の現場でもちいかわの話で、神木さんと盛り上がったそうだよ✨

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次