【画像】松雪泰子は若い頃から美人すぎる!旦那は誰?現在の活動は何?

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

テレビドラマ、映画、舞台を中心に俳優業を突き詰め、活躍を続けている松雪泰子さん。

20代~50代まで年代を跨って主演を張り、常に需要ある役者として世間からの評判が高い俳優として名高いですよね。

今回は松雪泰子さんの若い頃を振り返り、現在の活躍に至るまでの変遷をお届けいたします!

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

【画像】松雪泰子は若い頃から美人すぎる!

10代・20代(~2002年)

松雪泰子さん
松雪泰子さん
引用元:NHKスカパー

高校在学中の1989年16歳の時に雑誌「MEN’S NON-NO」のオーディションに応募し”第1回メンズノンノ・ガールフレンド」に選出された松雪泰子さん。高校時代はモデルとして活動をしていたものの、高校卒業後、東京で芸能活動を本格化させます。

上の画像は、1991年18歳の時にNHKドラマ「夜の海輝き」で主演・白石幸子役を演じた時のものです。

松雪泰子さんは当時を振り返り、脚本や役柄の解釈について「自分はこう感じたのですがどうですか?」と、一生懸命監督とディスカッションした記憶があるそうです。デビュー間もないながら、感性が豊な少女だったのでしょう。純粋な気持ちが画像がからも溢れていますよね!

そして、上の次の画像は、1993年20歳の時の主演ドラマ(フジテレビ系)「白鳥麗子でございます!」でブレイクを果たします。強烈なキャラクターが印象的で、高飛車な様子が脳裏に焼き付いている方も多いのではないでしょうか。

プライドが高くて思い込みの激しいお嬢様・白鳥麗子役がここまではまり役になるとはご本人も思っていなかったでしょうね。この作品は平均視聴率は16.7%で、最終回は20.8%と高視聴率を叩き出しました。

松雪泰子さん
引用元:スポニチX

上の画像は、1993年20歳の時の松雪泰子さんです。この頃、共演した生瀬勝久さんは、「今までこの方、おきれいだなと感じたことは?」との質問に対し、「20歳の頃、松雪泰子さん、ああ、世の中にこんな人いるんだって」とその美しさに感銘を受けたそうです。確かに透明感があり、肌が透きとおっており、吸い込まれそうな美しさですよね!

上の次の画像は、1995年22歳の時に出演した日清食品の「UFO(やきそば)」CMに出演した時のものです。当時マイケル富岡さんのヤキソバンの次のキャラクター?として「ヤキソバニー」としての登場でした。

松雪泰子さんらしからぬ?CMで今からすると貴重なCMとなりましたね。是非ご覧ください!

松雪泰子さん
引用元:Xスカパー

松雪泰子さんは、1995年22歳の時に歌手デビューをし、1999年までにシングルを10曲発売しました。上のXの投稿画像は、1997年24歳の時のシングル(通算6曲目)となる「空っぽの愛の嵐」の時のものです。

自身が主演を務めたドラマ『名探偵 保健室のオバさん』の主題歌にもなった曲です。第一声、めちゃくちゃカッコイイですよね!作詞・作曲もご本人がされたということで音楽的な才能があったこともわかりますよね

また2001年28歳の時には、フジテレビ系ドラマ「救命病棟24時 第2シリーズ」で転属間もない心臓外科医の香坂たまき役を熱演しました。主人公の江口洋介さんとぶつかりながらも、葛藤対立や生命の現場を支えるスタッフ達の戦い、そして患者と家族の交流などが描かれ感動を呼びました。上の画像がその時のものです。美しすぎる外科医でした。

ギモンくん

松雪泰子さんはご実家がお金持ちという噂だけど実際にどうなのかな?

カイケツさん

お父様が地元の佐賀で鳥栖ガス株式会社の社長をしていたということから来ている話だよね!実際2024年6月現在でもHPで見る限り、会長職(松雪秀敏さん)として経営に携わっているということだよね!
https://www.tosugas.co.jp/info/index.html

スポンサーリンク

30代(2003年~2012年)

松雪泰子さん
引用元:文春オンラインXX

30代に入ると俳優として高い評価を受けることとなる作品に多く出演し、俳優としての確固たる地位を築いた時であったと言えます。上の画像は、2006年33歳の時に公開された映画「フラガール」のワンシーンです。この作品は福島県いわき市の常磐炭鉱を舞台にした実話で常磐ハワイアンセンターの誕生から成功までを描いたものです。

松雪泰子さんは、平山まどか役を演じ、日本アカデミー賞・優秀主演女優賞等多くの賞を受賞しました。

松雪泰子さんのフラガールでの受賞歴(日本アカデミー賞以外)

  • 日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞
  • ゴールデン・アロー賞 映画賞
  • VOGUE NIPPON Women of the year 2006

また、2008年35歳の時に公開された映画「デトロイト・メタル・シティ」、映画「容疑者Xの献身」では、2作品で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞し、主演でなくとも存在感ある演技で、観るものを魅了していたことは間違いありません。映画「容疑者Xの献身」弁当屋さんの店長役が印象的で忘れらませんね。

松雪泰子さん
引用元:PRTIMES

こちらの作品は、2010年37歳で日本テレビ系ドラマ「Mother」に出演した時のものです。

松雪泰子さんは自身がちょうど子育て真っ最中の中で演じた作品で、ドラマの中で実際の母親の虐待を受ける子供(芦田愛菜さん演)を誘拐するというストーリーで、難しい役ながらも、とても思い入れの深い作品だったようです。実際に2022年に出演したおしゃれクリップでは未だに当時の演技を観ることができないと話していました。

またこの作品では、ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞、東京ドラマアウォード2010 主演女優賞を獲得しています。

ギモンくん

お笑い芸人はなわさんのヒット曲「佐賀県」の歌詞で松雪泰子さんがネタになってたけど、本人の許可とっていたのかな?

カイケツさん

たしかに気になるよね!本人はテレビで「ちゃんと発売される前に事務所にFAXを頂きまして。『このような歌詞にしますのでよろしくお願いします』というのを頂いていたので」と事前に連絡を受け、「すごくうれしいなと思って」快諾していた」ということなので、本人のお済付だったから安心したよね!

スポンサーリンク

40代以上(2013年~)

引用元:Instagramクランクイン

40代に入ってからも、映画、ドラマで主演級のオファーが多く舞い込んでいる松雪泰子さん。年齢を重ねても、見た目の美しさはもちろんのこと、内面的な優しさもより豊かに表現され、大御所俳優の一人となりました。

上のInstagramの投稿は、2016年43歳の時、テレビ朝日系ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」で夏目佳恵役を演じ、メンバーとともに楽しく盛り上げている様子です。弁護士役も板についていますよね!

また、上の次の画像は、2019年46歳の時に、NHKドラマ「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」で天才工学者・天ノ真奈子役を演じた時のものです。東京第一大学工学部教授という設定でした。

弁護士役、天才工学者役と全く異なる領域ですが、違和感なく、演じて魅せるところが松雪泰子さんの魅力ですよね。これからも松雪泰子さんの色んな役柄への挑戦を楽しんで観て行きたいものです!

ギモンくん

松雪泰子さんは、コミュニケーションツールが発達した一方、五感がにぶくなっていっているのではないかという危機感を持っているようだね?

カイケツさん

そうね。ご本人も「私は田舎育ちで、子供のころから不便なことが多かったからこそ生まれたコミュニケーションもたくさんあったんです。すごく進化しているようで、実は退化しているような気がして、何も考えなく、何も感じないという方向に進んでいるようで怖いんです」と話されているから、スマホなどの情報に振り回されず、想像力を養っていくことが大切だと考えているようだね!

スポンサーリンク

松雪泰子さんが所属する”スターダストプロモーション”には他に誰が所属してる?

引用元:スターダストプロモーション

松雪泰子さんの所属するスターダストプロモーションには、常盤貴子さん坂井真紀さん椎名桔平さんなどが所属し、多数のタレント・俳優が所属する大型芸能事務所です。

スポンサーリンク

【画像】松雪泰子の旦那は誰?現在の活動は何?

松雪泰子の旦那は誰?

引用元:日刊スポーツ
引用元:THE THRILL

松雪泰子さんは1998年3月にギタリストGAKU(門脇学)さんと結婚しました。会見では宇宙一幸せと語り、2001年には長男を出産するも多忙ですれ違いが多いと2004年に離婚。長男の親権は松雪泰子さんが持っているそう。

その後、2006年に有名ドラマーとの車中キスや2010年にはヒップホップ歌手との熱愛、2012年には無名俳優との再婚も報じられてきましたが、再婚はしていないようです。

ギモンくん

離婚後も熱愛報道や再婚話も報じられてきたけど再婚はしないのかな?

カイケツさん

恋多き松雪泰子さんだけど「何よりも子どものことが一番」とプロポーズを断ったんだって。息子さんが高校生の時は朝4時起きで欠かさずお弁当を作って送り出してから仕事に行ってたみたいだよ。男性との恋や愛より子ども最優先だったんだろうね。
2020年自身の誕生日に息子さんからお祝いされて「なにより嬉しい」と言っているくらいだから息子さんが成人しても尚、一番大事で超える存在はいないのかも!

スポンサーリンク

松雪泰子の現在の活動は何?

引用元:松雪泰子Instagram
引用元:WEBザテレビジョン

松雪泰子さんは現在もCMやドラマ、映画、舞台など幅広く活躍しています。「人間を演じる」職業は、人の心や生き方に向き合っていくという仕事だと語っています。日々、自信と向き合い「自分」という人間を探求しているそうです。

1995年「白鳥麗子でございます!」をはじめ、2010年ドラマ「Mother」や2024年ドラマ「マル秘の密子さん」など多くの女性の強さや弱さ、包容力などを表現してきました。

下の画像はドラマ「mother」のものです。松雪泰子さんにとって「思い入れが深すぎていまだに見ることができない」と特別な作品の一つなのだそう。実母から虐待されている少女を誘拐し育てるという経験することのない役柄にも関わらず、毎回目が離せず圧巻の演技力でした。どんな自分とも真摯に向き合い探求してきたからこその演技なのかもしれませんね!

2020年以降の松雪泰子さんの主演作はこちら

  • ドラマ「初情事まであと1時間 第三話「ビフォア」」(2021年)主演・青木 役
引用元:ナタリー
  • ドラマ「ノンレムの窓 2024・春 第2話「PTA」」(2024年)主演・関本朝子 役
引用元:ナタリー
  • 映画「甘いお酒でうがい」(2020年)主演・川嶋佳子 役
松雪泰子さん
引用元:クランクイン
ギモンくん

松雪泰子さんは、30年以上俳優業をしているけど辞めようと思ったことはなかったのかな?

カイケツさん

20歳の頃に自分には向いていないと思い半年ほど仕事をせず旅に出たことがあったみたい。そんな状態でも映画の仕事を依頼してくれる人がいたから復帰したみたいだけど、デザインの仕事をしている人たちに尊敬している人物が多くて迷いながら役者の仕事をしていたんだって。
だけど、今は肉体を使って表現をすることもすごくクリエイティブなことだと感じるようになってそれからは仕事が楽しくなったみたいだよ!迷いが消えたから観ている人達が引き込まれるような演技ができるのかもしれないね。

松雪泰子さんがデビューした1991年はこんな年だった!

引用元:上:日刊スポーツ、中:毎日新聞、下:自由国民社

松雪泰子さんがデビューした1991年は、兄の若花田、弟の貴花田の兄弟力士が活躍し市大相撲ブームから「若貴フィーバー」とも呼ばれました。また、雲仙普賢岳で火砕流発生やバブルが崩壊の始まりの年などの出来事が話題となりました。

また、この年の流行語(大賞)は「…じゃあ~りませんか」でチャーリー浜 さんさんが受賞しました。エンタメ界では「東京ラブストーリー」や「101回目のプロポーズ」などのトレンディドラマが大ヒットしました。

スポンサーリンク

松雪泰子のプロフィール・SNS

引用元:美ST

プロフィール

  • 名前:松雪泰子(まつゆきやすこ)
  • 生年月日:1972年11月28日
  • 年齢:51歳(2024年6月現在)
  • 出身地:佐賀県
  • 血液型:O型
  • 趣味:バイク
  • 特技:バレエ、ピアノ、日本舞踊
  • 所属事務所:スターダストプロモーション
スポンサーリンク

SNS

ギモンくん

松雪泰子さんの趣味はバイクみたいだけど、他にハマっている事があるのかな?

カイケツさん

エゴスキュー・メソッドというものにインストラクターの資格を取るくらいハマっているんだって!自分で体のゆがみを整えて簡単に痛みや不調をとるのが特徴みたい。負担をかけ過ぎないでできる範囲でやっていく運動だから普段、運動をしない人や高齢の方にも良いみたいだよ!自身の心だけじゃなくて体の事までしっかりと向き合っているんだね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次