Introduction
映画に先駆けて上演された音楽会、朗読劇「蜜蜂と遠雷」は、リーディングとオーケストラコンサートとを融合し好評を博しました。そして2021年春、新たな音楽劇として、「蜜蜂と遠雷」という音楽小説の世界観を舞台上でのリアルな作品として甦らせます。世界的コンクールに出場する若きピアニストたちや、彼らを取り巻く人々の心情が描かれ、クラシックのピアノ曲の名曲演奏と共に、コンクールファイナルに向けたドラマが展開されます。

作者である恩田 陸 自ら作品のテーマ曲を作詞し、音楽監督の千住 明が作曲した「ひかりを聴け」を初め、コンクールの中で生きる人たちの世界を歌や映像などを駆使して表現。さらにオーケストラやピアニストによる生演奏で、ドラマチックに彩ります。

セリフや歌がまるでそこに生きる人物の言葉とメロディーに重なり旋律のように組み合わせた新しい形のシンフォニック音楽劇を、どうぞご期待ください。
世界的コンクールに出場する若きピアニストたちと
彼らを取り巻く 人々の心情をクラシックの名曲と共に綴る!
蜜蜂と遠雷とは
 第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞を受賞した恩田陸による名作。舞台は3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。そこには数多くの天才たちによって繰り広げられる競争、そして自らとの闘いがあった。人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。 2019年10月には映画『蜜蜂と遠雷』も上映され、話題となった。